スタッフインタビュー

           

屯ちん、かぶら屋、丸冨水産、丸富食堂…ホールスタッフからキッチン
まで、アルバイト・パートで働くフーデックスのスタッフの生の声を
お届けします。

「しっかり教えてもらえるので、自分が成長してるなって実感できます」

屯ちん池袋西口店 S.Iさん

ホールスタッフ

地元のラーメン屋でアルバイトをしていたものの、シフトが減ってきたことで屯ちんで働き始めたIさん。同じラーメン屋での経験を活かしつつ、今後社会に出ていく大学生に欠かせない、敬語の使い方をしっかり身に付けられるのが魅力だそうです。

「ラーメン屋でのバイト経験を活かしつつ、スピードに慣れようとしています」

元々地元のラーメン屋さんでアルバイトをしていたんですが、シフトになかなか入れない状況が続いていて、もっと稼ぎたいと思って新しいバイトを探してたんです。同じ大学の友達と一緒の所で働こうという相談をしていて、彼女がみつけてきてくれたのが屯ちんでした。

以前ラーメンを食べに訪れたことがあり、女性スタッフさんがいるのも見かけていたし、ラーメン屋なら経験も活きそうでいいかなと。むしろ「地元のバイト先とやり方が違う部分があったら大変かな」と少し心配もあったのですが、今のところ問題なくやれていると思っています。

ただ、池袋という人が集まる場所に立地しているだけあって、お客さんの数は大分多い印象ですね。入って1ヵ月くらいなので、忙しさに関してはまだまだ慣れが必要だと感じています。食券を置く場所と洗い物をする場所がすぐそばにあるので、片方をやるともう片方が溜まっていくのが見えて、少し焦りますね。

「ホールはお店の顔という意識を持つようになりました」

ラーメン屋の仕事自体がどんなものかはある程度わかっていたんですけど、接客についての教育を改めて受けて意識が変わった部分は結構あります。とくに、「お客様にとってホール接客の印象がお店の印象になる」という話は、いわれてみればその通りだなと。ホールの仕事をやる上での責任感がアップしたような気がします。

言葉遣いも、敬語の使い方をキッチリ教えてもらいました。例えば「~でございます」みたいないい回しを、何気なく使ってしまっていたんですが、実は不適切な言葉遣いなんだということを教わって、あらためました。

地元のお店と比べると、回転スピードが速くて、お客様も食べてすぐ帰る方が多い印象です。お店のテンポに遅れないよう、ホールの仕事をテキパキやりつつ常連さんの顔も覚えていけたらいいなと思います。

屯ちんの好きなトコ!

「先輩が気を回してくれるので、安心して働けます」

入った初日から、一緒のシフトだった社員さんやアルバイトスタッフさんから「こうするとうまくいくよ」とたくさんアドバイスをもらって、人間関係作りが順調にできてる感触がありました。一緒に入った友達とは、二人とも初心者でフォローしてもらわないといけない立場なので、あえてシフトをずらしてもらっていて、おかげで手厚く教えてもらえています。

ラーメン屋経験者なのですが、屯ちんの仕事は勉強させていただけることが多いです。人との関係はゼロから作らないといけないので、温かく迎えてもらえてるのはありがたいですね。